ブラックジャックの基本戦略

ブラックジャックの一番魅力的な側面のひとつは、スキルを伴う要素があること。多数のカジノゲームはまったくの運頼みですが、ブラックジャックでは、行動が手札の結果に影響を与えます。バラックジャックはそれでも運のゲームです。ただ勝ち負けを決定する要因は運だけではないということです。

実のところ、これは本当に勝つ見込みを上げることができるということです。もっと正確に言えば、負ける見込みを減らすことができるということになります。ヒットする、スタンドするなどどんな決定をする時でも勝負の結果に直接影響を与えます。
一貫して正しい決定をすると、カジノの有利さがほとんどなくなるレベルにハウスエッジを減らすことができます。

このページでは、ブラックジャックの基本戦略を使ってプレイするたびに正しい決定をする手助けをすることができます。機能方法や使い方を説明し、サンプルの戦略チャートを提供します。役立たないブラックジャック戦略も見て行きます。

ブラックジャックの基本戦略を使う 

ブラックジャックの基本戦略の問題は、正確に正しい決定をすることが常に簡単ではないということです。いくつかの複雑な数学的計算が必要となります。天才でなければ、勝負をする時にいつでもこのような計算をすることができるチャンスはさほどありません。ありがたいことに、どんな計算もする必要はないのです。

ブラックジャック戦略は効果的に解決され、定義されたルールに変わりました。
これらのルールは、手持ちのカードと見せられているディーラーのカードを元に、与えられたどんな状況でも取るべき行動が何であるかを正確に知らせます。そのルールに従うと、どんな数学も使用することなく、ブラックジャックの基本戦略を適用することができます。すべきことは、ルールを学ぶことだけ。
ブラックジャックテーブルでは何百ものさまざまな状況が与えられます。毎回することに対するルールを学ぶことは、必ずしも簡単なことではありません。あなたが20、ディーラーが8を示している場合に、スタンドすべきであることはかなり明らかなことかも知れませんが、ディーラーが3を示している時にあなたが12を持っている場合などには、おそらくあまりはっきりとしないでしょう。

役立たないブラックジャック戦略

何等かの理由でプレーヤーに人気があっても機能しないブラックジャック戦略があります。次の戦略がそうです。

  • ディーラーを真似る
  • 一切バストしない(負けない)
  • 10を仮定する
  • 累積型ベッティング

ディーラーを真似ることは、どんな状況でもディーラーと同じように単に行動する単純な戦略。スプリット、ダブル、サレンダーを一切しません。こういったオプションはディーラーができませんから。

基本的に、ディーラーの見せるカードに関係なく、17以下でヒット、17以上でスタンドしかしないでしょう。これはまったく良い戦略ではないのです。スプリットやダブルは正しい状況ではプレーヤーにとても有利になりますから。

一切バストしないのは、同様に単純な戦略

負けのリスクがある場合には絶対にヒットしないでしょう。ですからいつも12以上でスタンドします。これは安全なアプローチである一方で、実際にはハウスエッジを増やします。
10戦略は、次のカードがいつも10である、ディーラーの見せていないカードが10であると仮定する基準で働きます。プレーヤーはこの仮定でよく取り組みます。10の値のカードはデッキの約30%に及ぶことが理由です(ジャック、クイーン、キングはすべて10となることを覚えておきましょう)。

ですが、カードの70%は10ではありません。ですから、まだ10を手に入れない見込みの方が多いのです。このように、この戦略はあまり役立たず、ハウスエッジを増やします。累積型ベッティングは、以前の賭けの結果を元にベットサイズを増減させます。これはベッティングのどんな形でも使用できる戦略で、いくつかのさまざまな累積型ベッティングシステムが存在します。ハウスエッジには影響を与えません。この理由は、勝つ見込みや勝負に負けることが賭け金額に応じて変わらないことです。また、とても危険になることがあります。損失後に賭け金を上げ続けるマーチンゲール法などのシステムを使う時には特にそうです。一度の不運がバンクロールすべての損失につながることがあります。